かつて見番だった港区立伝統文化交流館の窓に粋な装飾が施されていた

港区立伝統文化交流館の窓枠
港区立伝統文化交流館の窓枠
関連する写真

落語の芝浜の舞台だった雑魚場からそれほど離れていないところに一軒の古い木造建築が建っている。港区立伝統文化交流館だ。これは第二次世界大戦後、長らく港湾労働者の宿泊所として使用されていたものだが、もともとは1936年に花柳界の見番として建設された建造物。今では芝浦と聞いて歓楽街を思い起こす人は少ないけれど、かつては花街があったのだ。明治時代後期から大正時代にかけて今の芝浦が埋め立てられたのを期に、現在のJRの線路の北側にあった花柳界が芝浦に移ってきたのだという。

しかしながら芝浦の花柳界は長く続かない。第二次世界大戦が勃発すると花柳界自体が疎開して芝浦からなくなってしまうのだ。そのため1944年には東京の所有になり、港湾労働者の宿泊所になってしまったというから、料理屋・芸者屋・待合の事業者が集まってつくる三業組合の事務所として使われたのは10年にも満たない。僅かな期間しか使われなかったのに、今でも保存されているのは作りがいいからなのだろう。花柳界の女性たちの稽古が行われた百畳敷の格子天井や細かい細工を施した窓枠、手すりなど意匠を凝らしたデザインから建設当時の華やかな雰囲気が伝わってくる。廊下の窓枠のデザインもさり気なく洒落ていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2023年1月 建築 東京
芝浦

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12425

撮影年月

2022年10月

投稿日

2023年01月09日

撮影場所

芝浦 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

港区立伝統文化交流館ってどこ?

PREV & NEXT