横浜媽祖廟の牌楼で人びとが思い思いに写真を撮っていた

横浜媽祖廟の前で写真を撮る人びと
横浜媽祖廟の前で写真を撮る人びと
関連する写真

神社と違って横浜中華街に建つ道教寺院の入口に建っているのは牌楼と呼ばれるだ。鳥居と同じように神域の入口を指し示しているのかと思いきや、そういうわけでもないようで道教寺院に必ず建てられているとも限らない。宮殿や陵墓、孔子廟、道教寺院などの前方に建てられるというものの、台湾で訪れた道教寺院にはあまり建てられていなかったような気がする。宗教施設の入口に建っているというよりも、横浜中華街でもバンコクチャイナタウンでも入口にも建っていることから僕の中では中華街の入口に建っているイメージだ。

横浜媽祖廟に入り口に建つ牌楼は媽祖廟本体と同じように緑色や赤色の原色で鮮やかに装飾されていて、人目を引く。色が塗られていたとしても、せいぜい朱色くらいの鳥居とは一線を画す外観は廟の中に祀られている媽祖がどのような神さまか知らなくとも、中華街を訪れたという証拠を残すにはうってつけ被写体だ。そのため拝観料まで払って廟に入る人は少なくとも、牌楼の前で写真を撮る人は多かった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年12月 神奈川 人びと
中華街 寺院 横浜
横浜で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12124

撮影年月

2021年11月

投稿日

2021年12月18日

更新日

2022年06月02日

撮影場所

横浜 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

横浜媽祖廟ってどこ?

PREV & NEXT