パラソルの下で微笑むヒジャブの女性

グロドック地区の八百屋で働くヒジャブをかぶった女性

グロドックにあった八百屋ではヒジャブをかぶった女性が店番をしていた

インドネシアのジャカルタにあるグロドック地区で撮影。

グロドッグ地区というチャイナタウンにある路地をどんどん進んでいった。路地の両脇には食料品を売る昔ながらの店が並んでいて、地元の買い物客が行き来していた。ここは一本道でありながら、露天市になっているようだった。インドネシアの首都ジャカルタには急速に発展している都市という顔と、このような昔ながらのお店がまだまだ営業している町という顔の二つの側面があるのだ。

それぞれの商店では男性も働いているし、女性も働いていた。イスラム圏とはいえ、お店で女性が働いているのを見かけるのは珍しいことではない。女性が元気よく働いているのは、タイやベトナムのローカルな市場と何ら変わらなかった。

写真の八百屋もそのような露天市にあったお店だ。店舗を構えておらず、路地の途中にあるちょっとしたスペースにいろいろな野菜を並べていた。日差しを避けるために広げたパラソルの下には店主であるヒジャブをかぶった若い女性が腰を下ろしている。往来をぼんやり眺めていた女性店主は、何か面白いことを見かけたのか笑っていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにあるグロドック地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11561

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月11日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ