セラビを売り歩く男

グロドック地区でスラビを売り歩いてい男
インドネシアのジャカルタにあるグロドック地区で撮影 オザワテツ

セラビというスイーツを売り歩いていた男が、天秤棒を置いて休んでいた

ジャカルタのグロドック地区を伸びる道を進んでいくと、傍に帽子をかぶった男が腰を下ろしていた。男の目の前には竹の棒が見えた。天秤棒だった。棒の端には大きなガラスケースのような箱と、コンロのような箱が付いていた。ガラスケースの中には小さなケーキのような食べ物が見える。タイでいうカノムブアンのようにも見えるけれど、ちょっと違う。これはスラビと呼ばれるスイーツだ。

スラビはインドネシアの伝統的なお菓子で、米粉にココナッツミルクや砂糖を混ぜたパンケーキのようなものだ。今ではインドネシア全土で食べられているようだけれど、もともとはこの辺りの西ジャワが発祥の地らしい。ジャカルタの町を歩いていると、スラビを売る屋台をよく見かける。ジャカルタではありふれたストリートフードだ。

スラビを作るには小さな鍋を用いる。そのため、この男は小さな鍋の付いたコンロも持ち歩いていた。男の持ち歩いている鍋には丸い金属製の蓋が載せてあって、一見すると急須のようにも見える。燃料も持ち歩くのだから、結構重いに違いない。男はしばし道端に腰を下ろして休んでいたのだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにあるグロドック地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11564

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月13日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ