路地の老婆と男

路地に立つ老婆と男
ミャンマーのタニンで撮影 オザワテツ

老婆と男が路地に立ち止まっていた

オークポースー駅の近くにあるゴミゴミした住宅街の中へと舞い戻ってきた。高床式の住居の間を縫うようにして伸びている路地を、地元の雰囲気のようなもの感じながら歩いていく。長閑な空気が充満していて、急いでいる人は誰もいないのではないかと思うくらいだ。ここでは僕は明らかによそ者だ。でも、地元の人は僕を見かけても訝しげな視線を向けてくることはない。ちょっと不思議そうに僕を眺めるだけだった。

ずんずんと奥に進んでいくと、またしても地元の人と行き合った。路地に老婆と男が立ち止まっていたのだ。親子なのか違うのか、よく分からないけれど、ふたりは同じような紫色のTシャツを着ている。いずれにせよ、僕を見つけた時のリアクションはそれぞれだった。男は僕にもカメラにも興味がないようで、僕を一瞥するとつまらなそうに地面を見ながら煙草を吹かしている。その一方で、老婆は僕に関心があるようだ。僕が歩いているのに気が付いた老婆は振り向きながら大きな声を上げて笑っていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

タニンってどこ?

PHOTO DATA

No

11046

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月09日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ