谷保天満宮にある階段を紫色の傘を差した参拝客が上ろうとしていた

谷保天満宮の紫色の傘
東京の国立にある谷保天満宮で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

国立にある谷保天満宮は古い。903年の創建なのだそうだ。これを聞いてあれっと思った人は鋭い。全国にある天満宮の総本社とされ、菅原道真の霊廟として篤く信仰されている太宰府天満宮の創建よりも古いのだ。なんだか分家の方が本家よりも歴史があるような不思議な感じがしてしまう。もっとも一番古い天満宮は太宰府天満宮ではない。最初に創建された天神様を名乗っているのは防府にある防府天満宮なのだ。ややこしい。

谷保天満宮の創建が太宰府天満宮よりも古いのは、父・菅原道真が太宰府に左遷されるのと時期を同じくしてこの地に左遷された道真の三男・道武が、903年に菅原道真が薨去するとすぐに父を祀る廟を建てたためなのだという。今となってはこれが史実なのか作り話なのかはわからない。なにせ1000年以上前の話だ。確実に言えるのは、谷保天満宮は古く、亀戸天神社湯島天満宮と合わせて関東三大天神と呼ばれて今でも信仰を集めているということだ。

神鶏が放し飼いにされている境内をウロウロしていると、時折思い出したかのように参拝客がやって来る。を差した女性もそのひとりだった。紫色の傘は道真公が薨去した日に防府で見られたと言う瑞雲を連想させた。

ENGLISH
2021年11月 町角 東京
国立 神社 階段 鳥居

谷保天満宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

12092

撮影年月

2021年7月

投稿日

2021年11月16日

撮影場所

国立 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ