モンピャータレッを作る女性

道端でモンピャータレッを作る女性
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

女性は道端でモンピャータレッを作っていた

夜市を後にして、ダウンタウンの中へと舞い戻ってきた。すっかり暗くなっていたけれど、道を歩いている人は多い。ダウンタウンは日が暮れた後も賑わっているようだ。そして、人通りが多いところには屋台が出ている。市内の屋台は、市当局により強制的にさっきまでいた夜市に移動させられたような話を耳にしたけれど、そんなことはなかった。まだまだダウンタウンで商売をしている屋台も多いのだ。

ミャンマーの料理はバラエティに富んでいる。写真の女性が作っているのはミャンマーではモンピャータレッと呼ばれるもので、いわゆるドーサの一種のようだ。この国はバングラデシュとタイに挟まれている。そのためタイ料理の影響もインド料理の影響も受けている。さらには、アジアの巨人中国の影響も受けている。食べ物にもそれらの国々の影響がでているのだろう。モンピャータレッはインド発祥のドーサの影響を受けたクレープ様の料理だ。この辺りは、昔から文明の交差路だったのだろう。よく見てみると、モンピャータレッを作っている女性もインド系の顔立ちをしている。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10772

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年10月23日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ