朝食を摂る僧侶

朝食を摂る僧侶
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

あぐらをかいた僧侶が穏やかに朝食を摂っていた

仏塔かもしくは仏像が安置されたお堂のようなものが僧院の中には建っているのだと持っていたけれど、それは僕の思い込みだった。ヤンゴン中心部にある僧院にはそのような建造物はなく、ただ僧侶が生活を送る僧房があるだけだった。ミャンマーにあるほとんどの仏教寺院の中心には仏塔が建っているので、ずっと仏塔があるところを探していた。道理でなかなか僧院が見つからないわけだ。

僧房の外観自体も周囲の住居と何ら変わるところがない。僧侶の姿がないとそこが僧房だと判断するのは難しいくらいだ。仏塔もないし、僧侶の姿も少ない。結果として、僧院を見つけるのにかなり歩き回ってしまったのだった。

やっと見つけた僧院は静かだった。扉のない建物の中は外から丸見えで、入り口近くに置かれたちゃぶ台に袈裟を纏った若い僧侶が就いているのが見える。僧侶は穏やかな様子で朝食を採っていた。優雅な朝餉に見える。ちゃぶ台の上には幾つもの皿が置かれているから、この僧侶は朝からしっかりと食べるタイプの人のようだ。

どのような朝食を食べるのか気になったけれど、さすがに他人の朝食をカメラを持って覗き込むのは憚られる。僕はちょっと離れたところか僧侶がもぐもぐしているのを見るのに留めたのだった。

EN

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11166

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月28日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ