指差す像も袈裟をまとっていた

シュエダゴォン・パヤーにあった指差す像
ミャンマーのヤンゴンにあるシュエダゴォン・パヤーという仏教寺院で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

お堂の入り口立つ袈裟をまとった像は中の方を無表情で指差していた

袈裟を纏った僧侶の像がお堂の前に建っていた。幾つもお堂が建ち並んでいるけれど、入り口に僧侶の像が建っているのはここだけだった。僧侶は無表情の顔でお堂の内部を指差している。

指の先に目をやると、そこには仏像が鎮座していた。おそらく、僧侶はこの仏像を見逃す事なかれ、と教えてくれているに違いない。何せ、この人は来る日も来る日もこの姿勢で、仏像を指差し続けているのだから、中にある仏像はここを訪れたならば必見のものなのだろう。そう考えると、無表情は自信の表れなのかもしれない。

ENGLISH
2015年1月 ミャンマー 静物
ホール 袈裟 僧侶 指差し 寺院 ヤンゴン

シュエダゴォン・パヤーってどこ?

PHOTO DATA

No

9018

撮影年月

2010年2月

投稿日

2015年01月24日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ