グロドック地区にいた子猫

グロドックの路地で遊んでいた子猫
インドネシアのジャカルタにあるグロドックで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

グロドックの路地の奥では子猫がひとりで遊んでいた

僕が見かけなかっただけかもしれないけれど、ジャカルタの町ではあまり犬がいないような気がした。その代わり、路地をウロウロしていると猫には良く出会った。飼い猫なのか、野良猫なのかはよく分からない。でも、無邪気に路地で過ごしているのはどこの国でも同じだ。この写真の子猫もそうだった。路地の真ん中でひとりで遊んでいた猫にカメラを向けると、カメラに興味を持ったのかじっとこちらを見つめていた。いったい何をしているのと言いたげな顔だった。

一般的にイスラム教徒の多いところではあまり犬は人気はない。犬派か猫派かといったら断然に猫派の人が多いのだ。イスラム教の世界では犬は不浄な動物とされている。なぜならハーディスという預言者ムハンマドの言行録で犬の唾液は不浄とされ、体についたら七回洗うように指示されているかららしい。最後にして最高の預言者であるムハンマドにそんなことを言われたら、もう犬にはどうしようもないのだ。

その一方で、猫は愛されている。なんでもムハンマドは「猫への愛は信仰の一側面である」とまで言っているようで、その扱いは犬とはかなり違う。犬とは違って信仰に基づく手続きの上でも汚れのないものと考えられており、モスクに入ることも許されているのだった。まあ、子猫の無垢な瞳を見ていると汚れがないような気も確かにしてくるので仕方がない。

ENGLISH
2020年5月 動物 インドネシア
路地 ジャカルタ

ジャカルタのグロドックってどこ?

PHOTO DATA

No

11546

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月30日

更新日

2020年09月10日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ