グロドックの路地にある屋台

グロドック地区の路地
インドネシアのジャカルタにあるグロドックで撮影 オザワテツ

グロドック地区にある路地には食べ物の屋台が立ち並んでいた

ジャカルタのグロドック地区を歩いていた。ここはチャイナタウンだ。でも、想像していたよりも中華街らしさはなかった。漢字の荒波にさらわれることもなかった。路地では普通に屋台が出ていて、地元の人が買い物をしていた。屋台にかかれている文字も漢字ではなく、アルファベットだ。

歩いている路地には両脇に屋台が出ていた。右側にある屋台では突き出た板の上で、男が生地と格闘していた。大きな生地だった。何を作るための生地だったのかは分からないけれど、何を作るにしても大量にできそうだった。

その一方、左側の屋台では軽食を販売中だった。屋台の前にはアバヤをかぶったお母さんに連れられた家族連れが立っていて、女の子は何を食べようか思案中だった。

この路地には写真に写っている屋台以外にもいくつもの屋台が並んでいた。ジャカルタの町には他の東南アジア諸国と同じようにストリート・フードが溢れている。歩いている最中に小腹が減っても、何かを食べるのに困ることはないのだ。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタのグロドックってどこ?

PHOTO DATA

No

11547

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月31日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ