上の方を見る猫

見上げる猫
タイのバンコクで撮影 オザワテツ

薄暗い路地で猫が上を見ていた

路地は薄暗くて静かだった。歩いている人もほとんどいない。このような路地ではあまり寛いでいる人もいないのだった。寛ぐにはちょっと寂しすぎる。でも、その静寂は猫の好みに合致するのかもしれない。人間に邪魔されること無く寛ぐことができる。何しろ、都会の路地には天敵となるような動物はいないに等しいだろう。思う存分羽を伸ばせるに違いない。

そんな路地の一角に猫がいた。地面に体を伸ばしてのんびりしている。首が見えるから、近くの家で飼われている家猫なのだろう。人に慣れている感じだ。僕が近づいていっても、慌てて逃げる様子はない。鷹揚に構えたままだった。飼い主に日々可愛がられているようで、たとえ見知らぬ人であっても人間を怖いものと思っていないようだ。前に路地で見かけた猫とは大違いだ。でも、逃げないこととカメラに興味を示すことは別の話なのが困ったところ。近づいてカメラを向けても、一向にレンズの方を見てはくれなかった。ずっと僕なんていないかのように、上の方を見続けたままなのだった。

EN

バンコクってどこ?

PHOTO DATA

No

10693

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年08月15日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA