お皿をなめる猫

お皿をなめる猫
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

道端のテーブルの上にあった皿を猫がなめていた

道端にテーブルが出ていた。上にはお皿やらケチャップの容器やらコーヒーの容器が乱雑に置かれていて、お皿の横には鍋も重ねてあるのが見える。一見すると汚い食堂の中のようにも見えるけど、ここはジャカルタの住宅街の道端だ。鍋は置いてあるけど、厨房はどこにも見当たらない。食堂ではなく、誰かの家のものなのだ。

テーブルの周りは散らかっていて食事を摂るにはちょっと汚すぎるように思える。けれど、プラスチック容器の中には飲み残しのコーヒーがあるところを見るとついさっきまで誰かがここで食事をしていたようだ。お皿にも食べ残しがあるようで、どこからともなくやって来たがお皿を美味しそうにペロペロと舐めている。人間の食べるものは猫にとっても美味しいのだろう。

それにしても、ジャカルタは猫の多い町だ。イスラム教では犬よりも猫を好むと言う。なんでも「猫への愛は信仰の一側面である」と言ったする伝承が残っているくらい預言者マホメットは猫好きであったらしい。実際同じくイスラム教の国であるモロッコでも路地で多くの猫を見かけたから、この町に猫が多いのもイスラム教が一因と言われても納得してしまいそうになる。

でもキリスト教徒が多数を占めるギリシャの島々でも多くの猫を見かけたから、猫の多さと人間の宗教の間にはあまり関係がないのかもしれない。おそらくはどの宗教を信じていても、単に猫が好きな人は多いのだ。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11743

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年11月28日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF