猫にはすぐによそ者だとバレるのだった

食堂の横で振り返る猫
インドネシアのジャカルタにあるサワー・ブサル地区で撮影 オザワテツ

食堂の前にいた猫は振り返りながら訝しげな視線を投げかけてきた

ジャカルタのサワー・ブサル地区を歩いていた。歴史ある商店街であるパサール・バル通りを歩いてたのだけれど、整備された商店街の中を歩いてもあまり楽しくない。そう思った僕はパサール・バル通りから脇道に入っていったのだった。足を踏み入れた路地は思いの外、奥へと続いていた。どこまで続くのだろうかと思いながら歩いていると、気が付けばトンネルのような薄暗い場所を通り抜けて、頭上には空が見えている。それでも、まだ路地は向こうに伸びていた。

トンネルのようになった場所には屋台ばかりが並んでいたけれど、抜けた先にはキチンと店舗を構えた食堂が軒を連ねていた。店舗を構えているといっても、板塀を立てて、中にベンチとテーブルを置いているだけだが。

食事時ではない食堂はどれも閑散としていた。でも、近くには食べ残しがあったり、餌をくれたりする人が多いのだろう。人の代わりに猫があちらこちらで寛いでいた。写真の猫もそうだ。

猫は振り返りながら、訝しげな視線を僕に投げている。見慣れない顔を見て、僕が何者なのかを思案しているようだ。人気の無い路地を地元の人になったような気分で進んでは来たものの、地元の猫には僕が地元の人間ではないことなんて、すぐに分かってしまったに違いない。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにあるサワー・ブサル地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11617

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月25日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ