ハヤム・ウルク通り沿いでたむろしていた猫

ハヤム・ウルク通り沿いでたむろしていた猫
インドネシアのジャカルタにあるタマン・サリ地区で撮影 オザワテツ

ハヤム・ウルクにある外資系ファーストフードチェーンの前には猫が何匹もたむろしていた

ジャカルタのハヤム・ウルク通りは大きな通りだけあって、道路脇には外資系のチェーン店が並んでいる場所もある。スターバックスやバーガーキングのお店があったりするのだ。このようなお店で売られているものは屋台で売られているローカルフードと比べると、明らかに高い。でも、多少高くても欧米の文化の香りがするお店で食べたいと思う人はそこそこいるようで、スターバックスもバーガーキングにも客が入っていた。

外資系のチェーン店が並ぶ場所はちょっとした広場のようになっていた。そして、配車サービスの運転手がたむろしていた。この国ではUBER EATSは営業していないけれど、似たようなサービスはGRABもGOJEKも行っている。そのようなオーダーが入った場合には、すぐ近くにいた方が便利なのだろう。すぐにお店で購入して、届けに向かえるのだ。

よくよく見てみると、広場のような場所でたむろしているのは何も人間だけではなかった。端には猫が何匹ものんびりとおすわりしていた。このような猫たちが野良猫なのか飼い猫なのかは良くわからない。いずれにしても、ここにいると人間のおこぼれがもらえるからいるのかもしれない。

EN

タマン・サリ地区とは

タマン・サリ地区はインドネシアの西ジャカルタ市にある地区。西ジャカルタ市では最小の地区(4.37km2)である。南と東に中央ジャカルタ、北に北ジャカルタに囲まれている。タマン・サリ地区にはジャカルタ旧市街、カリブサル運河の東側の領域の南東エリアが含まれています。このエリアは、ジャカルタの最古のエリアで17世紀にバタビア(ジャカルタの古い名前)の行政の中心地だったところです。

ジャカルタにあるハヤム・ウルク通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11593

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月06日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ