散らかった路地にいた猫

ジャカルタの路地にいた猫
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

路地にいた猫は、近寄っていった僕には全く興味を示さなかった

最近ではペットはすっかり家族の一員という扱いだ。いつからだろう。ペットの立ち位置が向上したのは。他人が飼っているペットはもちろんのこと、自分で飼っているペットに対する虐待行為も犯罪とされるようになっている。

このような動物愛護の精神は、残念ながら世界共通のものではない。インドを旅すると、野良犬が蹴られたり、ぞんざいな扱いを受けているのを目にすることもしばしばだ。そのような地域では、犬も犬で人間に対して馴れ馴れしい態度は取ってこない。人間は犬にとって警戒すべき存在なのだ。

インドネシアではどうなのだろう。町中ではよく猫を見かける。ジャカルタは猫の多い町だ。住宅街の中に入ると、あちらこちらで猫がのんびりしている。だからと言って、僕が近くを歩いても寄ってくることはないし、関心を持っているようにも見えない。路地で出会った猫も視線は僕のカメラではなく、どこか違うところに向いていた。

猫は猫で世界が完結しているようだ。もっとも、屋台の近くに猫がたむろしていることも多いから、邪険に扱われている訳ではないのだろう。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11637

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月14日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ