猫の死角に集まる雌鶏

猫と雌鶏
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

玄関先にお座りした猫から見えないところに雌鶏が何羽も固まっていた

は番犬になったり、牧羊犬になったり、人間の代わりになって働くこともあるけれど、にはそのようなイメージはあまりない。確かに番犬という単語はあっても、番猫という単語は耳にしたことはない。猫には人類のために働こうという気概が欠けているかのようだ。愛くるしさと引き換えに人間の庇護を得て、ぬくぬくと毎日を過ごしているイメージが頭に浮かんでしまうのだ。

そのため、ジャカルタで通りかかった家の玄関先に猫がいるのを見たときも、すぐ近くにいる鶏たちを守っているようにはちっとも見えなかった。僕が鶏に近寄っても、牧羊犬のように僕を威嚇することはないし、そもそも僕という人間に関心を寄せていないようだった。猫がのん気にどこか遠くを眺めている一方、鶏たちは集まって猫の死角でじっとしているのを見ると、猫に見つかってしまったら捕食されてしまう恐怖を感じているかのようだ。

そうなると、この状況はこういうことではないだろうか。猫からしてみたら楽しく戯れているだけかもしれないが、鶏からしたら殺生の恐怖を味わっている状態、つまり人間の世界で言ういじめの状態にあるに違いない。

ENGLISH
2021年3月 動物 インドネシア
鶏肉 入り口 ジャカルタ

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11856

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年03月25日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ