子猫をくわえた親猫

子猫をくわえた親猫
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

子猫をくわえた親猫がフェンスの上に飛び上がっていた

犬よりも猫の方がずっと多い。ジャカルタの町を歩いていて、犬を見かけることあまりないけれど、猫は町のあちらこちらで見かけるのだ。野良犬は苦手なので、見かけないと安心するけれど、あまりに見かけないとジャカルタに犬はいないのではないかと思ってしまう。愛らしい顔をした猫が実際には腹黒くて、敵対する犬を駆逐してしまったのではないかと勘ぐってしまうくらいだ。

ジャカルタの町を歩いていると、また猫を見かけた。親子の猫だった。親猫は子猫の首根っこをしっかりとくわえてフェンスの上にささっと登っていた。くわえられた子猫はちょっとびっくりしたような顔をしている。なんだか、まだまだ外で遊びたいのに無理矢理に家に連れて帰られているような表情だった。

親猫が子猫を抱える場合、子猫の首根っこをくわえることが多い。猫の歯はするどいから、子猫が怪我をしてしまうのではないかと心配になってしまう。でも、親猫がくわえる猫の首筋のところは皮膚が厚くて、引っ張っても大丈夫らしい。それでも、猫にも不器用な猫、乱暴な猫もいて、慌ててくわえた時に軽い怪我をさせることもあるというから、うっかりしてしまうのは人間も猫も同じなようだ。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11691

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月07日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ