湯島聖堂の大成殿

湯島聖堂の大成殿

入り口には大きな扁額が掲げられていた

東京の御茶ノ水にある湯島聖堂で撮影。

湯島聖堂へとやって来た。ここは孔子廟であると同時に幕府直轄の学問所である昌平坂学問所であった場所だ。開設されたのは1690年で、それから明治維新後の1871年までの200年近くの間、当時のエリートたちがここで学んでいたのだ。まあ、今でいう東大みたいな場所だったのだろう。昌平坂学問所はその後の筑波大学と御茶ノ水女子大学の源流になっていて、ここは日本の学校教育発祥の地ともされているのだ。そうして明治維新後には教育機関としての役目は終えたのだけれど、孔子廟の方は今でも同じ場所に建っている。写真の建造物は、湯島聖堂の本堂とも言える大成殿だ。入り口の上部には、大きな扁額が掛けられていた。

東京で孔子廟は珍しい。寡聞にも僕は東京に他の孔子廟があるのを知らない。江戸時代は儒教の一派である朱子学が幕府の公式思想とされていたのにもかかわらず、江戸市内にはほとんど孔子廟が残っていないのだ。そもそも建てられたのかさえも定かではない。庶民にとっては孔子様にお参りしても、実利を得られなさそうなので人気が無かったのかもしれない。そして、支配者階級の人にとっても、儒教は統治するための道具であって、心の何処かでは信じていなかったのかもしれない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10752
撮影年月
2018年3月
投稿日
2018年10月04日
撮影地
御茶ノ水 / 東京
ジャンル
建築写真
アーカイブ
2018年10月 建築 東京
カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
EF85MM F1.2L II USM
写真集も発売中
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP