数珠を手にした老婆

龍山寺の境内で数珠を手に立っていた老婆
台湾の台北にある艋舺龍山寺で撮影 オザワテツ

老婆が数珠を手に龍山寺の境内に立っていた

龍山寺の本堂は廊下に囲まれていた。本堂の正面では大勢の人がお参りをしているけれど、廊下にも負けじと大勢の人がいた。こちらにいる人たちは立ったり座ったりしていて思い思いに時間を過ごしている。ただ単に休んでいる人もいれるけれど、ほとんどの人は経典を手にしている。本堂からはちょっと離れたところでそれぞれが読経をしているのだ。見ていると、時折静かにページを捲っている。

そのような参拝客とは違って、境内の廊下にひとりで立っていた写真の老婆は経典らしき書物を手にしていなかった。その代わりに両手に数珠を持っている。そして、本堂の方を見つめながら数珠を爪繰っていた。経典を暗証しながら、回数を数えているように見える。ということは、この老婆は経典の内容を全て暗記してしまっているのだろう。だから経典の類いは不要なのだ。それにしても、数珠二本分だから、108×2の216回も経典を唱えるなんてかなりの時間を要するに違いない。それとも台湾の数珠は珠が108個ではないのだろうか。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

艋舺龍山寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11275

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月11日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ