二匹の龍

紙に描かれた龍と壁に描かれた龍

龍が描かれていた

東京の目黒にある目黒雅叙園で撮影。

目黒雅叙園には百段階段と呼ばれる木造建築が建っている。かつては豪奢な宴会が催された部屋が7つあって、それぞれが99段の階段で結ばれている。百段階段なのに99段しかないのはよく分からない。いずれにしても、今ではここで宴が行われることはない。東京都の有形文化座にも指定されている百段階段は、催し物に使われるだけだ。

訪れた時も催し物が行われていた。各部屋では「祭り」、「アート」、「職人」、「伝統芸能」のジャンルごとに展示が行われていた。その中のひとつは墨絵だった。西元祐貴という墨絵師の作品が置かれている。台の上に龍が描かれていて、壁にもやはり龍がいた。活き活きした龍だった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9905
撮影年月
2016年8月
投稿日
2016年10月16日
撮影地
目黒 / 東京
ジャンル
静物写真
アーカイブ
2016年10月 静物 東京
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP