龍山寺のポエ

龍山寺のポエ

沢山のポエがトレイの上に置かれていた

台湾の台北にある艋舺龍山寺で撮影。

龍山寺の境内を歩き回っていると、赤いトレイが置いてあった。上には三日月型の小さな物体が幾つも載せられている。この物体はポエと呼ばれるものだ。漢字では「杯」、「貝」や「盃」と書くらしい。参拝客はこのポエを使って自分の運勢を占うのだ。

このポエ占いは台湾ではかなり一般的な占いのようで、ここ龍山寺ではもちろんのこと、台湾の他の寺院でも行っている人を見かけるのは珍しいことではない。運勢を知りたい人はポエをふたつ掴んで、それを地面に向かって放り投げる。そして、地面に転がったポエの状態によって運勢が分かるということになっているのだ。

見たところ、台湾の人は日本人よりも信心深い。観光名所にはなっていない寺院を訪れても参拝客がいないことはないくらいだ。でも、お参りするだけでなく、ポエ占いをよくする台湾の人を見ていると、ただ単に信心深いだけではないような気がしてくる。神様に願掛けをすると同時に、その結果をすぐにでも知りたがっているように見えるのだ。台湾の人はせっかちで願掛けの結果がすぐに分からないと不満なのかもしれない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

艋舺龍山寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11269

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月07日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ