経典を読む女とタブレットを見る女

龍山寺の境内に腰を下ろしていたふたりの女性
台湾の台北にある艋舺龍山寺で撮影 オザワテツ

経典を読む女性とタブレットを見る女性が龍山寺境内の端に腰を下ろしていた

狭い龍山寺の境内にはお参りする場所が幾つも設けられている。ここには神様は大勢いるのだ。そして参拝客たちはあちらこちらで参拝している。神様によって御利益が異なるから、人によってはかなりの数の参拝をするのだろう。真剣にお参りすれば、それはそれで大変に違いない。境内にはお参りに疲れてしまったのか、腰を下ろして休んでいる人の姿もあるのだった。

写真のふたりの女性も、参拝に疲れてしまったのか境内の端の通路脇に腰を下ろしていた。でも、ただ単に休んでいる訳でもなく、何かを読んでいる。ひとりは経典と思しき本を読んではページを捲っていて、もうひとりはタブレットを手にしていて指で画面をスクロールさせていた。

僕からは分からないけれど、タブレットを持っている女性も電子書籍化された経典を読んでいたのかもしれない。もう時代はとっくに21世紀に突入している。古くからある経典の類いも電子書籍化されていても何ら不思議ではない。そのうち、紙の経典なんて博物館に展示されるくらいに珍しいものになってしまうかもしれない。そして、人びとは停電になると経典でさえ読むことがかなわなくなるのだ。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

艋舺龍山寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11268

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月06日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ