お参りする老若男女

龍山寺でお参りしていた人びと

龍山寺では老若男女がお参りをしていた

台湾の台北にある艋舺龍山寺で撮影。

入り口を入ってすぐにある祭壇の前には常に人集りができていた。誰かがお参りを終えても、すぐさま他の誰かがやって来る。参拝客はひっきりなしに訪れるのだ。そして、参拝客たちは誰もが真剣にお参りしている。神社仏閣で真剣にお参りするのは、年配の人が多いようなイメージがあるけれど、ここには若い人も結構いる。老若男女、誰しもが悩みを抱えていてお参りに訪れるようだ。参拝客の姿を眺めていると、幼い男の子がやって来て、年配の人びとに混じってお参りを始めていた。若い子には若い子なりの悩みがあるのだろう。

日本ではお参りする際に、住所も言わねばならないという人もいる。そうしないと、お参りに来たのがどこの誰なのかが神様には分からないからだそうだ。確かに、交通が発達した現在ではお参りに来るのが近所の住人とは限らない。御利益を与えようにも誰だか分からなければ与えようがないのだろう。そのような習慣(慣習?)は台湾にもあるんだろうかとボンヤリと考えていると、お参りの際に自分は一切住所を伝えていなかったことに気が付いた。失敗だ。海の向こうからやって来た僕の住所など、台湾の神様は分からないに違いない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

艋舺龍山寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11273

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月09日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ