ベンチ代わりにバイクに腰掛ける男の子

ベンチ代わりのバイクに腰掛けていた男の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

住宅街の路地ではベンチの代わりにバイクに腰掛けている男の子がいた

歩いていたジャカルタの住宅街の中の道は一段と狭くなってきた。もうここを自動車が通ることはできない。両脇には住宅が迫り、路地にはのんびりする地元の人びとと、その人たちの所有するバイクが並んでいるばかりだった。この辺りではバイクを自宅の敷地内にしまうという習慣はないようで、路地には沢山のバイクが駐められている。そして、バイクが置かれていないところには人が腰を下ろしていたり、移動式の屋台が店を構えているのだった。

路地にバイクが何台も連なって駐められていると、邪魔で仕方がないのではないかと思うのだけれど、地元の人たちは必ずしもそう思っていないように見える。この路地でもそうだが、ベンチなどの座るものが一切ない路地で駐めてあるバイクはベンチ代わりになっていることが多い。写真の中でも男の子が壁際に駐めてあるバイクにちょこんと腰掛けていた。

確かにバイクには人が腰掛ける場所が設けられている。しかし、それはあくまでも人がバイクを運転するためのもので、複数人が集まって団らんするようには作られてはいない。ひとりでのんびりするにはバイクでもいいけれど、集団で団らんするには、やはり立つしか無いような気がする。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11651

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月28日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ