ハヤム・ウルク通り沿いに出ていた屋台

ハヤム・ウルク通り沿いに出ていた屋台
インドネシアのジャカルタにあるタマン・サリ地区で撮影 オザワテツ

ハヤム・ウルクという大通り沿いにも多くの屋台が出ていた

ジャカルタのハヤム・ウルク通りを歩いていた。ここはバス専用レーンもあるような大きな通りで、建っている建物も比較的大きなビルが多い。いくらジャカルタの町にバンコクなどの東南アジアの町と同じように屋台が多くとも、そのようなきちんと整備された場所に屋台はないかと思うけれど、それは大間違いだ。このような大きな通りにも屋台はあちらこちらに出ている。写真を撮った場所もそうだった。一番車道寄りにはバイクが何台も駐められていて、その外側には屋台が出ていた。屋根のある場所だったから、テーブルと椅子を置くのに好都合なのだろう。

テーブルには客が何人か腰掛けて食事を摂っていた。みな平和な雰囲気の中、のんびりと食べている。暑い南国にはアンニュイな雰囲気がよく似合う。もっとも、このような場所でダラダラとしているのは、GrabやGojekの運転手であることが多い。屋台で世間話などをしながらオーダーが入るのを待っているのだ。ここにもバイクが何台も駐められているから、テーブルに就いている人の多くはそのような配車サービスを生業としている人かもしれない。

ENGLISH

ジャカルタにあるハヤム・ウルク通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11592

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月05日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF