松岡美術館に展示されている古代ギリシア・ローマ彫刻がガラスに映った自らの姿に魅入っていた

松岡美術館に展示されている古代ギリシア・ローマ彫刻

松岡美術館に展示されている古代ギリシア・ローマ彫刻

関連する写真

古今東西、個人のコレクションが美術館になっているところは多い。ポーランド初の美術館であるクラクフにあるチャルトリスキ美術館の収蔵品はチャルトリスキ家のものだし、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館は鉱山業で財を成したグッゲンハイム家のソロモン・ロバート・グッゲンハイムのコレクションがベースになっている。日本でもブリヂストン創業者の石橋正二郎のコレクションが京橋にあるアーティゾン美術館の基礎だ。収集したコレクションを美術館で一般公開するのは、資産家の社会貢献でもあるのだ。

東京白金台にある松岡美術館もそのような個人コレクションだったものをベースにした美術館だ。この美術館の設立者は松岡地所創立者の松岡清次郎という人物。松岡地所という会社が何をして儲けていたのかは分からないものの、多くのコレクションを収集していたのをみるとかなり儲かっていたようだ。ガンダーラ石造彫刻もあれば、陶磁器も日本絵画もフランス近代絵画も所蔵していて、そのコレクションは多岐にわたっている。

写真はその幅広いコレクションのうち、古代ギリシア・ローマ彫刻の一部だ。展示室の中に入ると、ガラスケースに頭部が静かに並べられていた。一点を見つめたままピクリとも動かない頭たちは、まるでナルキッソスのようにガラスに映った自分の姿に息を飲んでいるかのようだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年4月 静物 東京
ガラス 博物館・美術館 反射 彫刻 白金台
白金台で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12245

撮影年月

2022年2月

投稿日

2022年04月24日

更新日

2022年05月06日

撮影場所

白金台 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

松岡美術館ってどこ?

Prev & Next