世界で一番有名な白菜

翠玉白菜
台湾の嘉義にある故宮博物院南部院区で撮影 オザワテツ

指がヒスイ輝石で作られた白菜を指していた

入った展示室は広々としていて静かで、真ん中に大きなガラスケースが置かれていた。ケースの中にはこの博物館の目玉である財宝が陳列されていた。翠玉白菜という翡翠の彫刻だ。僕はこれを見るためにわざわざここまで足を伸ばしたのだ。

宝石で作った彫刻というと、何やら豪華なものをイメージしてしまうけれど、これが意外なことに白菜の形をしている。でも、ただの白菜ではない。翡翠の色合いがちょうど白菜の葉っぱの色に合致している。そして、緑の葉っぱになっているところにはバッタとキリギリスも彫られているのだった。とても精巧な彫刻だ。でも、一番気になるのは、作者が翡翠の原石を見た時になぜ白菜を彫ろうと思ったのかということだ。

考えながらじっと見ていると、他の来館者もガラスケースのところにやって来た。そして、白菜を指差していた。

EN

故宮博物院南部院区ってどこ?

PHOTO DATA

No

10145

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年05月17日

撮影場所

嘉義 / 台湾

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA