中央ホールのシルエット

港区立郷土歴史館の中央ホール
東京の白金台にある港区立郷土歴史館で撮影 オザワテツ

シルエットになった女性が郷土歴史館の中央ホールにある階段を登っていた

郷土歴史館の建物の中へと入っていった。ここはその名の通り港区周辺の人びとの暮らしを縄文時代から近代に至るまで紹介している歴史館だ。地名に「台」と付いているように、この歴史館のある白金台は台地の上にあって、品川の海にもほど近い。昔から人が済むのに適している土地だったのだろう。展示物にはそれぞれ説明文が書かれていて、ところどころでは資料映像も見られる。歴史館はそれほど大きなものではないけれど、じっくりと展示品を見て回ったらかなり時間が掛かるに違いない。

でも、僕がもっとも惹かれたのは展示品ではなく、歴史館の建物そのものだった。80年ほど前に建てられた石造りの建物は外見だけでなく内部にも重厚な雰囲気が漂っている。中でも吹き抜けになっている2F中央ホールは素晴らしい。足を踏み入れると、そこにはまるでヨーロッパにあるお屋敷のような空間が広がっていた。僕は中央に立ち止まって、しばしデコレーションを眺めていた。しばらくすると、女性客が現れた。そして、僕の横を通り過ぎ、階段をコツコツと上がっていった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

港区立郷土歴史館ってどこ?

PHOTO DATA

No

11209

撮影年月

2019年3月

投稿日

2019年09月25日

撮影場所

白金台 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ