ちょうど煎り銀杏を買っている人がいた

煎り銀杏の屋台
東京の白金台で撮影
関連する写真

清正公大祭が催されていた覚林寺の周囲には屋台が立ち並んでいた。屋台が出ているのは境内だけでなく、境内の外にも並んでいるのだった。まるで覚林寺を包囲するかのようだった。もちろん、食べ物の屋台もあれば、ゲームを提供する屋台も有るし、小物を売っている屋台もある。

写真の屋台は煎り銀杏を売る屋台だった。銀杏の季節は秋だから、今売られているのは昨シーズンに収穫されたものなのかもしれない。でも、煎られた銀杏は美味しそうだ。買おうかどうか迷っていると、一組の夫婦が現れた。そして、銀杏を買い求めていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年9月 人びと 東京
食べ物の屋台 白金台

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10293

撮影年月

2017年5月

投稿日

2017年09月26日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

白金台 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

白金台ってどこ?

PREV & NEXT