それはもう長いこと考え続けている

考える人
東京の上野にある国立西洋美術館で撮影
関連する写真

考える人はオーギュスト・ロダン作のブロンズ像だ。当初は詩人という題名だったらしい。でも、この男性の仕草は「考えている」と呼ぶのに相応しいと思う。詩を読んでいるようにはあまり見えない。ひょっとしたら、言葉を色々と選んでいる最中なのかもしれないけれど、いずれにしても考えていることには変わりがない。

芸術作品というと、一点物のように思えてしまうが、これは世界の様々なところにあるオリジナルのひとつ。20以上のオリジナルが世界各地にあるらしい。世界の様々な場所で、今日もこの男性は考えている最中なのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年11月 静物 東京
美術 博物館・美術館 彫刻 上野
上野で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

239

撮影年月

2005年10月

投稿日

2005年11月16日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

上野 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

国立西洋美術館ってどこ?

PREV & NEXT