ロダンの「考える人」の視線の先を傘を指した女性が歩いていた

ロダンの「考える人」
ロダンの「考える人」
似ている写真 撮影地

フランスの彫刻家オーギュスト・ロダンの「考える人」は日本でもっとも有名な彫刻作品なのではないかと思う。そう思うのはタレントでもないただの彫刻なのに、何回もテレビCMに使われたからだ。数年前にも某証券会社のCMに起用されていたし、彫刻そのものが登場しなくともそのポーズをモチーフにしたCMが作られていたりする。考える人は彫刻界のセレブなのだ。

テレビCMに登場するから、広告業界だけで引っ張りだこであるかのようにも思えてしまうものの、彫刻そのものもかなりの人気者だ。なにせ日本国内だけで4体の「考える人」が置かれていて、世界に目を向けると30体近くの「考える人」が今日もどこかで考えている。アメリカで考えているのもあれば、フランスで考えているのもいるし、ブラジルでも考えていたりする。

写真の「考える人」は、日本にある4体のうちのひとつである東京の国立西洋美術館所蔵のものだ。超のつくほどの有名な芸術作品も、なぜかここでは扱いはぞんざいで、ル・コルビュジエが設計した美術館の建物の中ではなく、前庭に置かれている。雨風に晒されている姿を眺めていると、すぐに頭の中に宮沢賢治が現れて「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」と始まってしまうのは「考える人」がすっかり日本に馴染んだ証なのだろうか。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年11月 町角 東京
博物館・美術館 彫刻 上野
上野で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12404

撮影年月

2022年7月

投稿日

2022年11月28日

更新日

2022年11月29日

撮影場所

上野 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

国立西洋美術館ってどこ?

PREV & NEXT