港区立郷土歴史館

港区立郷土歴史館
東京の白金台にある港区立郷土歴史館で撮影 オザワテツ

港区立郷土歴史館の建物はもともと国立公衆衛生院だったものだ

写真の建物は港区立郷土歴史館だ。区立の博物館としてはかなり立派な佇まいをしている。それもそのはず、もともとは公衆衛生の向上を目的とした国立公衆衛生院として、1938年に建造された建物なのだ。国が作ったとしても、かなりの費用が掛かったはずと思いきや、この建造費用はアメリカのロックフェラー財団からの寄贈で賄われているらしい。当時のアメリカから見れば、日本は公衆衛生の悪い貧しいアジアの国でしかなかったのだろう。第二次世界大戦前のGNPは、日本とアメリカで10倍程度の差があったというから仕方がない。そのような状況の中でよく日本政府はアメリカに戦争を挑んだものだと皮肉を込めて感心してしまう。

時は流れて、国立公衆衛生院の機能は国立保健医療科学院の一部となって、埼玉の和光市に移転してしまった。建物だけがこの場所に残されたのだ。そして、建物は国から港区の所管に移り、今となっては博物館として一般公開されているのだった。

EN

港区立郷土歴史館ってどこ?

PHOTO DATA

No

11208

撮影年月

2019年3月

投稿日

2019年09月24日

撮影場所

白金台 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ