籠と籠の間に立つ女性

ぼんやりと立つ女

女性は籠の間にぼんやりと立っていた

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影。

沢山の籠が地面に置かれていた。どの籠の中にも野菜が入っている。ここは八百屋の一角だった。籠の中の野菜は搬入されて来たままのようで、これから店頭に並べられるのだろう。籠と籠の間にはゴミが散らかっている。そして、その先に女性が立っているのが見えた。何をする訳でもなく、重ねられた籠に手を突きながら佇んでいた。虚ろな視線は店内を漂っている。見たところ、女性は脱力感に苛まれているようだった。いつ終わるとも分からない、大量の野菜を品出しをしなければならないのだろう。

眺めていると女性の気持ちが分かるような気がした。僕だって、目の前に片付けなければならない仕事が山積みになっていたら、女性と同じような虚ろな表情になること請け合いだ。そして、その状況をどうやってやり過ごせば良いのか分からなくて途方に暮れることだろう。幸か不幸か、そのような状況を時間が解決してくれることはほとんどない。コツコツと仕事を進めるしかないのだけれど、それが難しい。困ったものだ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10541
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年04月30日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年4月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロ写真108枚を掲載。KINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
オザワテツ・フォトグラフィー

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP