八百屋で働く老婆は昔ながらの帽子をかぶっていた

昔ながらの帽子をかぶっていた老婆

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影

関連する写真

クロントゥーイ市場の中にある八百屋の前にやって来た。真っ赤な前掛けをした老婆が店先に立っていた。老婆は玉ねぎを手に持って、店先に並べられたトレイの中に入れている。どうやら女性が店主のようだ。

見た感じでは、老婆はもう長いことここで商売をしているように見える。ひょっとしたら、老婆はここに市場ができる前のスラムだった時代のことも知っているのかもしれない。この大きなクロントゥーイ市場は、かつてスラムだった場所の一画に作られているのだ。

それはそうと、老婆は大きくて独特の形をした昔ながらの帽子をかぶっていた。頭全体がすっぽりと入ってしまいそうに大きな帽子は、横から見ると台形の形をしている。東南アジアではしばしば見かける円錐の形をした編笠とは全くことなった形状だ。タイの少数民族がかぶる帽子なのかもしれない。

いずれにしても、バンコクで伝統的な帽子をかぶって町を歩いている人は珍しい。なにせバンコクはASEANの中心地で近代的な大都市なのだから。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2020年3月 人びと タイ
バンコク 民族衣装 八百屋 縁のある帽子 クロントゥーイ市場 市場 老婆
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11425

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年03月02日

更新日

2020年09月14日

撮影場所

クロントゥーイ市場 / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

クロントゥーイ市場ってどこ?

Prev & Next