蝦米を売る女性

蝦米を売る女性
ミャンマーのタニンにあるミョーマ市場で撮影 オザワテツ

お店では蝦米が何種類も売られていた

市場をウロウロしていうちに、魚介類を売る店が集まる場所へとやって来た。市場の辺りの雰囲気からは想像できないけれど、タニンの町にはミャンマー最大の港があるのだそうだ。そのため、この市場も魚介類が豊富なのだろう。どのお店にも女性が腰を下ろしていて、そして暇そうだ。世間話に花を咲かせている人もいれば、ぼんやりしている人もいる。

写真の女性は後者だった。ぼんやりと遠くを眺めている。僕が近づいていっても、僕に意識が向くこともなくじっと見続けていた。女性の前にはビニール袋が幾つも並べられていて、どの袋の中にも干しエビが大量に入っている。

中華料理で使われることの多い蝦米だ。一口に蝦米と言っても、様々な種類があるのだろう。種類ごとに袋に入れられて陳列されていた。ミャンマーの料理もやはり中華料理の影響を受けているから、蝦米がミャンマーで一般的でも不思議はない。旅をしている間、いろいろなところでこの蝦米が売られているのを目にした。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

タニン・ミョーマ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11020

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年05月21日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ