クロントゥーイ市場で売られていたエビ

クロントゥーイ市場で売られていたエビ

クロントゥーイ市場では大量のエビがトレイの上に陳列されていた

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影。

タイといえばエビの国で日本で売られているエビのほとんどはタイから輸入品だと思っていた。でも実際にはちょっと違っていた。確かに日本はタイから大量のエビを輸入しているけれど、一番多く輸入している国ではなかったのだ。

帝国書院のウェブサイトに載っている統計によると、2017年度にもっとも輸入したのはベトナムになっている。約3.5万トンものエビをベトナムから輸入しているようだ。2番目に多いのはインドで、タイは5番目だった。約1.2万トンを輸入しているらしい。

いずれにしても、タイがエビの一大生産地であることには変わりない。一時期はウイルスで養殖産業が打撃を受けたようだけれど、今でもエビを養殖は盛んなようだ。そして、市場では大量のエビが並べられている。

その一方で、エビの養殖は自然破壊も引き起こしている。マングローブの林をエビの養殖池に転換してしまった結果、タイではマングローブ林の37.5%が消失してしまったのだという。エビは美味しい。それと同時に自然も大切だ。バランスを摂ることが求めらているのだろう。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11395

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月10日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

食物写真

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ