秤と干物

籠の真ん中に置かれた秤
タイのバンコクにあるプラナコーン区で撮影 オザワテツ

店先に出ていた籠の真ん中に秤が置かれていた

バンコクの王宮の近くを歩いていた。ここは観光地になっていて、大勢の観光客の姿が見える。中でも目立つのが中国からの観光客だ。日本の団体旅行客と同じように小さな旗を掲げた添乗員の後ろをペチャクチャと話しながら歩いている。このような光景を見ていると、中国という国が発展しているのを実感する。一般の庶民であっても、外国旅行に出かけるくらいに豊かになっているのだ。20年位前に初めて僕がバンコクを訪れた時は、中国人の団体旅行客なんていなかった。

中国人の団体客が王宮へ向かう一方で、僕はチャオプラヤー川を渡る桟橋へと向かっていた。歩いている通りにはお店が立ち並んでいる。ここは王宮という観光地の近くなのだけれど、売っているのは観光客向けのものではなかった。写真のお店が売っていたのは魚の干物だった。店先に大きな籠が出ていて、上には干物が大量に並べられている。そして、干物の真ん中には秤がどしんと置かれていて、いつでも重さを量れるように構えていた。

EN

プラナコーン区ってどこ?

PHOTO DATA

No

10701

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年08月21日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る