目つきの悪い猫がクロントゥーイ市場の使われていないお店の棚でのんびりしていた

使われていない店の中でのんびりしていた猫
クロントゥーイ市場にいた猫
似たような写真

バンコクにあるクロントゥーイ市場はどこでも賑わっているわけでもなく、閑散としているエリアもある。ちょうど閑散しているエリアを歩いていた。営業しているお店はひとつもなく、通路の両脇にあるのはお店の残骸ばかりのようだ。棚の上に雑多なものが置かれているけれど、どこにも商品は並べられていない。周辺に穏やかな空気が漂っていた。

そんな場所を歩いていると、ふと気配を感じた。しかしお店はどれもこれも閑散としていて、人のいる気配はない。よくよく周囲をうかがってみると、いたのは人ではなくだった。猫が棚の上の計量器の横におすわりしていて、のんびりとしている。人間は誰もいない。だからこそ、そこは猫がのんびりくつろぐのに格好の場所になっていたのだ。

猫の存在に気づくとほぼ同時に、猫は猫で僕の存在に気が付いている。僕をちらっと見ると、猫は視線を斜め上の方に向けている。せっかくひとりでのんびりとしていたのに、カメラを持った面倒くさそうな人間がやって来たとでも思っているに違いない。とっととどこかへ行ってしまえと言いたそうな表情だ。見ていると、舌打ちする音が聞こえてきそうだった。

 でコメントする
ENGLISH
2020年3月 動物 タイ
バンコク クロントゥーイ市場 市場 リラックス 計量器

PHOTO DATA

No

11430

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年03月05日

更新日

2023年09月09日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT