果物を食べる親子

通路で果物を食べるお母さんと息子
ミャンマーのタニンにあるミョーマ市場で撮影 オザワテツ

通路の真ん中でお母さんと息子が果物を食べていた

食料品店が立ち並ぶ区画を歩いていた。大勢の買い物客が行き来している。買い物客はお店の前に立ち止まり、品定めをしたり、買い求めていたり、世間話をしていたりする。どこの市場でも見られるありふれた光景だ。

そのような人びとを眺めながら歩いていると、ふと、通路の真ん中で立ち止まっている親子連れの姿が目に入ってきたのだった。通路の中央で商売をする訳でもなく、まるで通行人の流れに竿を差すかのように止まっている。

何をしているのだろうかと気になった僕は、いそいそとふたりの元へと向かう。近づいてみると、ふたりは残念なことに特別なことは何もしていなかった。ただ通路に立ち止まって果物を食べていたのだった。買い物しているうちに小腹が空いたのだろう。お店で買った果物を通路の真ん中で食べていただけなのだ。お母さんは食べかけの果物を手にして、男の子は満足そうに指を舐めている。見たところ、果物を食べてふたりの空腹は充足されたようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

タニン・ミョーマ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11019

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年05月20日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ