栗と銀杏と蓮根

栗と銀杏と蓮根

店頭に並べられた容器の中には様々な食材が入れられていた

タイのバンコクにあるチャイナタウンで撮影。

ゴミゴミしていたラーマ4世通りから脇道にそれた。人混みを避けるために脇道に入ったのに、こちら道もそれ以上にゴミゴミしている。どうやら市場になっている場所のようだ。それほど広くない道の両端にはお店がびっしりと並んでいる。店頭には色々なものが陳列されていて、大勢の買い物客が歩いている。道は期待に反してかなり賑わっていた。写真のお店もその通りにあったお店だ。

店頭には栗や銀杏の実や蓮根が並べられていた。このようなお店はなんというのだろう。野菜を扱っている訳ではないから八百屋でもないし、惣菜を売っている訳でもないから惣菜屋でもない。単なる食材屋とでも呼べば良いのだろうか。売られている栗は焼き栗で、銀杏の実は殻を剥かれて炒られている。それとは対照的に蓮根はまだ泥が付いていて新鮮なものに見える。

店頭には若い男が立って注文を受けていた。男はかつて香川真司も所属したことのあるBorussia Dortmundというドイツのサッカーチームのユニフォームを纏っていた。その色は店頭に並んでいる銀杏の実と同じ色だった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

バンコクにあるチャイナタウンってどこ?

PHOTO DATA

No

11366

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月20日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ