ラーマ4世通りの林檎売り

ラーマ4世通りの林檎売り
タイのバンコクにあるチャイナタウンで撮影 オザワテツ

女性はラーマ4世通りの歩道でリンゴを路上販売していた

ラーマ4世通りを歩いていると、歩道にリンゴの露天商が店を広げていた。歩道の端に細長いテーブルを置いて、女性の露天商が横に立っている。テーブルの上は売り物のリンゴで埋め尽くされている。バンコクの町中を歩いていてリンゴが売られているのを見かけるのは珍しいことではない。だから僕はタイでもリンゴの生産が盛んなのだと勝手に思っていた。でも、それは違うようだ。リンゴの主要な生産国のリストを穴が開くように眺めても、タイの名前はどこにもない。そのリストによるとタイではほとんど生産されていないようだ。冷静になって考えれば、リンゴはあまり温かいところではできない果物だからタイの気候には合わないのだろう。

世界で最も多くリンゴを生産しているのは中国だ。その生産量は他の国を圧倒している。2位であるアメリカの8倍くらい量を生産しているのだ。ここで売られているリンゴもほとんどが中国からの輸入品かもしれない。なにせ、この場所はチャイナタウンの一角だ。

EN

バンコクにあるチャイナタウンってどこ?

PHOTO DATA

No

11365

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月19日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ