女性がラーマ4世通りの歩道でリンゴを路上販売していた

ラーマ4世通りの林檎売り
ラーマ4世通りの林檎売り
似たような写真

ラーマ4世通りを歩いていると、歩道にリンゴの露天商が店を広げていた。テーブルは計量器などとともに大量のリンゴで埋め尽くされている。バンコクでリンゴが売られているのを見かけるのは珍しくない。だからタイでもリンゴの生産が盛んだと思ってしまいそうだけれど、それは違う。リンゴの主要な生産国リストを穴が開くくらい眺めても、タイの名前はどこにもない。タイでリンゴはほとんど生産されていないのだ。冷静になって考えれば、リンゴは寒冷地で栽培されるもの。南国のタイの気候に合わないのだろう。

世界で最も多くリンゴを生産しているのは中国だ。個人的には中国とリンゴが結びついていなかったので、驚きの順位だった。しかも、その生産量は他国を圧倒している。2位であるアメリカの8倍の量を生産している圧倒的な1位なのだ。バンコクの路上で売られているリンゴもほとんどが中国からの輸入品かもしれない。なにせ、この露天商がお店を開いていたのはチャイナタウンの一角だ。

 でコメントする
ENGLISH
2020年1月 人びと タイ
林檎 バンコク 眼鏡 露天商 計量器

PHOTO DATA

No

11365

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月19日

更新日

2023年09月14日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT