クロントゥーイ市場ではカエルも売られていた

クロントゥーイ市場でカエルを売っていた女性

クロントゥーイ市場では女性が腹を割いたカエルを売っていた

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影。

大きなクロントゥーイ市場では見慣れた食材が売られていると同時に珍味もまた売られている。タイの人にとっては当たり前の食材であっても、日本人の僕にとっては珍しいものも売られているのだ。歩いていてびっくりした最初のものはタガメだった。ゴキブリのようなタガメを売っているお店があったりするのだ。昆虫食の世界ではタイは先進国で、タガメは高級食材の扱いらしい。まあ、高級食材と言われてもタガメを食べたいとは思わないけれど。

次に驚いたのはカエルだった。この市場の中にはカエルの専門店があって、店先に大量のカエルが陳列されていた。日本でもカエル自体は珍しいものではないし、道路上で干からびているのを目にすることがあるけれど、スーパーマーケットで見たことは一度もない。

もっとも、カエルの脚はフランス料理でも使われるし、中華料理にも使われるから中華料理の影響を大きく受けているタイ料理でもカエルの肉を使った料理があっても不思議ではない。その料理は美味しいかもしれないけれど、腹を割かれてテーブルの上に陳列されているカエルを眺めていても、食欲がふつふつと湧き上がってくることはなかった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11433

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年03月07日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

食物写真

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ