大龍峒保安宮で跪く男

寺院で跪いく男

男がちょうどお参りをしている最中だった

台湾の台北にある大龍峒保安宮にて撮影。

寺院は回廊のようになっていて、本堂の前にはちょっとした中庭が造られていた。本堂の正面には台が設けられていて、ここでお参りをするようになっていて、神社で言うところの拝殿なのだ。男がちょうど跪いている。手には日本のとはちょっと違う長い線香を手にしていた男はお参りをしている最中なのだった。場所を占拠してお参りしている男を、僕はじっと眺めていた。

境内に建っている柱には彫刻が彫られている。この辺りでは珍しいことではないようだが、僕にはとても珍しく見えてしまう。威厳さを演出するのに役立っているのかもしれないが、日本育ちの僕にとってはなんだかケバケバしくて、神域には似合わないような気がしてしまう。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
749
撮影年月
2007年1月
投稿日
2007年02月22日
撮影地
台北 / 台湾
ジャンル
スナップ写真
アーカイブ
2007年2月 人々 台湾
使用カメラ
RICOH GR DIGITAL
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP