沢山の仏像の前に腰を下ろしていた女性

沢山の仏像の前に腰を下ろした女性
ミャンマーのバゴーにあるシュエモードー・パゴダで撮影 オザワテツ

お堂の中ではひとりの女性が沢山の仏像の前に腰を下ろしていた

タウッチャン戦没者墓地を後にして、タクシーは再びピイロードをバゴーに向かって走り出した。運転手が道中で僕を連れていきたいと思っていた場所は戦没者墓地だけだったようで、次にタクシーが停まった時にはもうバゴーの町中だった。

幹線道路から脇道に入ると、タクシーは門の前に停車した。ここはミャンマーでもっとも高い仏塔のあるシュエモードー・パゴダの入り口だった。外国人だけが払う拝観料を払い、サンダルを脱いで境内へと入っていく。ミャンマーでは、どこの寺院も境内全体が土足禁止なのだ。何人たりとも境内に足を踏み入れる人間は素足にならねばならない。

伽藍の構成はヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダやスーレー・パゴダと似ている。境内の中央には黄金に輝く大きな仏塔がそびえていて、その周囲には幾つものお堂が囲むように建てられている。お堂のひとつに入ってみることにした。中には仏像が何体も並んで鎮座していた。そして、ひとりの女性がぽつんと仏像の前に腰を下ろしていた。

EN

シュエモードー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

11123

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月01日

撮影場所

バゴー / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ