時計の下でキラキラする仏像

壁時計の下の仏像
ミャンマーのバゴーにあるシュエモードー・パゴダで撮影 オザワテツ

黄金の仏像の前では数人の参拝客がお参りをしていた

シュエモードー・パゴダの境内を歩いているうちに、大きな仏塔の周囲に幾つも建っているお堂のひとつへとやってきた。参拝客たちは仏塔の周囲を回って、お祈り自体はこのようなお堂で行っていることが多い。中には中心にある巨大な仏塔に向かってお祈りしている人もいるけれど、その違いはよく分からない。どちらに向かってお祈りした方がご利益があるのだろう。

このお堂の中にも参拝客の姿が見えた。奥に安置されている黄金の仏像に向かって腰掛けてお祈りしていた。カメラを構えていると、参拝客の長い髪の女の子が僕に気が付いて振り向いていた。

よく見てみると、袈裟を纏った仏像の上の方には壁時計が掛けられていた。時計を見ていると、なんだかモヤモヤした気分になる。時間を気にしながらお祈りをするような忙しい参拝客もいるのだろうか。いずれにしても、産業化の象徴のような機械仕掛けの時計はこのような信仰の場にはふさわしくないような気がしてしまう。信仰の場に来たときくらい、日頃の時間を忘れて悠久の時間を感じていたい。

EN

シュエモードー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

11125

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月02日

撮影場所

シュエモードー・パゴダ / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ