串揚げの屋台

串揚げの屋台
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

鍋の周りに沢山の串が並べられていた

歩道橋の上から大通りの歩道を眺めると、そこには屋台が出ていた。歩道にテーブルが出ていて、店員と思しき人たちが近くに越しを下ろしている。テーブルの真中には油がいっぱいになった鍋が備え付けられていて、鍋の周りには肉を刺した串が並べられていた。ドートウッと呼ばれる串揚げを売る屋台なのだ。

この時客はひとりもおらず、三人の店員たちは暇そうだった。串揚げの串は鍋の周りに並べられていて、もう準備万端だ。あとは肝心要の客が来るのを待つだけになっている。

ヤンゴンの町を歩いていると、このような串揚げの屋台を目にするのは珍しいことではない。串揚げは一般的な食べ物のようだ。串に差されている肉はというと、これは見た限りではホルモン系が多いような気がする。幸か不幸か僕は内臓系の肉はあまり好きではない。そのため、どれだけお腹が減っている時にこのような串揚げの屋台を見かけても、そしてそれがどれほど安くとも、ヤンゴンで串揚げを口にすることは一度もなかった。そんな僕は食に関してかなり保守的とよく言われる。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10855

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月10日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ