乾物屋ではセイリングファンが黙々とハエを追い払っていた

乾物の上で回るセイリングファン

タイのメークロンで撮影

関連する写真

メークロンの町を歩いていると乾物屋の前にやって来た。店内には沢山のトレイが並べられていた。どのトレイにも乾物が入れられていて、それぞれに値札が立てられている。値段の上と下にタイ文字で何かが書かれていた。僕には読めないけれど、おそらく商品名や産地が書いてあるのだろう。

売られている乾物を眺めていると、どれもこれも同じにものに見えてしまう。けれども値段にかなりの幅があり、一番安いものと一番高いものでは3倍以上の違いがあった。僕には分からないだけで、の種類やら産地やら品質によって値段が異なっているのだろう。

天井にはセイリングファンが取り付けられていて回っている。羽の先には箒のようなものが付いていた。これは店で働く人を涼めるためというより、乾物にたかってくる蝿を追い払うためのものだ。暖かい東南アジアでは、精肉などに寄ってくるハエを人間がハエたたきやポンポンみたいなもので追い払っているのを見かけるのは珍しくない。

しかしここでは横着しようとした結果、セイリングファンの先にポンポンのようなものを付けるのに思い至ったようだ。セイリングファンは誰もいない店内でゆっくり回りながらハエを追い払っていた。店員の姿も見当たらず、セイリングファンだけが回っている店内を見ていると、まるで無人販売のお店にやって来たような気がした。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年7月 食べ物 タイ
扇風機・扇子 メークロン お店 お盆
メークロンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10630

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年07月02日

更新日

2021年08月01日

撮影場所

メークロン / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

メークロンってどこ?

Prev & Next