地元のスーパーにいた男

スーパーマーケットの野菜売り場に立つ男
東京の武蔵小山にある二葉フードセンターで撮影 オザワテツ

男はスーパーの野菜が陳列されている場所に立っていた

住宅街の真ん中に地元のスーパーマーケットがある。駅から近い訳でもなく、幹線道路沿いにある訳でもない。でも、ここは結構賑わっている。売っているものの質が良く、それに安い。知る人ぞ知る地元のスーパーなのだ。僕もよくここにやってくる。でも、僕が最も惹かれるのは値段でもなく、品質でもない。ここの雰囲気だった。

古びた建物の中で野菜やら果物が昔ながらのやり方で売られている。値札はどれもこれも手書きで、時折店員たちの売り口上が聞こえてくる。賑わっているスーパーの中をウロウロしていると、僕は東南アジアのどこかの田舎町にある市場にやって来たような気になる。家から歩いてたった10分くらいのところにあるスーパーなのだけれど、ここに来ればつかの間の間僕は旅行気分に浸れるのだ。

でも、ここに買い物にやってくる人たち全てが僕と同じように感じているのではないようだ。野菜売り場に立っていた写真の男性は険しい顔をしていた。その表情はつかの間の旅をエンジョイしているようには思えない。日常生活そのものだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

二葉フードセンターってどこ?

PHOTO DATA

No

11207

撮影年月

2019年3月

投稿日

2019年09月24日

撮影場所

武蔵小山 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ