店頭に並べられた米

店頭に並べられた幾つもの種類のお米
ミャンマーのタニンにあるミョーマ市場で撮影 オザワテツ

店頭には何種類ものお米が陳列されていた

ミャンマーの主食も日本と同じようにお米だ。おかずといっしょにご飯を食べるのも日本と変わらない。ちょっと違うのはミャンマーのおかずは煮込み料理が中心で、日本食よりもスパイスを多用することと、脂っこいことぐらいだ。いずれにしても、食卓の中心にあるのはお米であることには違いはない。

タニンのミョーマ市場をウロウロしていると米屋があった。店頭には金属製の容器が幾つも並べられていて、中には米が入っている。どうやら、日本と同じように様々な種類のお米が売られているようだ。品種名が書かれているだろう札が米の中に立てられているけれど、ビルマ語なので何が書かれているのかは分からない。でも値段にばらつきがあるところを見ると、高いものから安いものまでいろいろなお米が売られているようだ。見ていて唯一僕がわかったのは、売られているのは日本で一般的なジャポニカ種でなくて、それよりも細長いインディカ種ばかりであることだけだった。

EN

タニン・ミョーマ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11004

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年05月09日

撮影場所

タニン / ミャンマー

ジャンル

食物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ